「クイックボール」案の定1枚1000円を超えてしまう。スターターセットVのひどい収録内容に批判も

プレイヤーの方はほとんど予想されていたかと思いますが、案の定クイックボールの値段が1000円を超えています

しんかのおこうや一部Vも販売価格では1000円を超えているものがあるようですね

言うまでもなく、1,711円のスターターに1枚しか入ってないせいです
(しかも5種類中2種だけ)

500円デッキでもネストボールは2枚入ってたのに!

スターターセットVの収録内容に批判も続出

ポケモンVは1枚!
有能なカードも1枚!
入ってないデッキのほうが多い!
1,711円!

…というあからさまにあこぎな商売にはユーザーからも批判が多いですね

まぁカードゲームはもともとランダム性が高い商品で強いカードが高くなるものではありますが…

さすがに今回は売り方が露骨すぎました
どういうことかというと…

透けて見える公式の悪意

最初の発表で強力な「博士の研究」「マリィ」が複数枚入っているとありました

これに多くのユーザーは安堵したことでしょう

当時はポケモンカードの需要と供給も落ち着き、TCG業界内でも不動の地位をようやく築き上げようとしているところでした

そこにスタン落ちという不安があれど、新たな優良スターターを出すことで株ポケはユーザーを保てるようにしているのだろうと

500円スタートデッキの販売など様々なものを試してようやくユーザーが必要としているものが何かを理解したのだろうと

多くのユーザーは思っていました…

しかし蓋を開けてみたらご覧の有様でした

クイックボール
まさか博士やマリィを複数枚収録しておいてクイックボールやしんかのおこうが1枚だと誰が予想したでしょうか
しかもポケモンVも1枚です

ハイパーボールが落ちるのに「クイックボールが汎用カードになるとは思わなかった」とか言い訳できるはずがありません

しかも収録リスト発表が発売2日前!

普段なら収録リストはだいたい1週間前には情報が出ているものでした

これは予約キャンセルされないようにクイックボールやしんかのおこうの収録が1枚なのを隠していたのではないかと言われても仕方がないものです

まぁ今回は新シリーズと同時期発売もあってネタバレに配慮した可能性もあるとは思いますが、内容が内容だけに邪推するユーザーも増えますよそりゃあ

その前に出たエーフィ&デオキシスとブラッキー&ダークライもプレシャスボールがスターター限定でそれなりに批判されていました

しかしそのデッキでもプレシャスボールは2枚入ってましたし、メインGX2枚に加えGXがもう1種2枚
さらにカプ・テテフGXまで入ってスターターとしてふさわしい出来でした

今回は1,711円と上のデッキよりさらに値上げしておいて!

ポケモンV1枚!

クイックボールも1枚!

…となればもう多くのユーザーが「バブルで調子に乗って悪い時代の株ポケが帰ってきてしまった…」と嘆くのも無理はない話です

パックに希望は残されているのか

上はソードシールドのCMのキャプチャー画像です
パックのカードと並んでクイックボールがあります

最後の希望としては、クイックボールがパックにも収録されていて多くのユーザーに行き渡ることですが…

同じようなビートやエール団のしたっぱは収録が発表されているので、可能性は高い…ですが…

まさかこれでクイックボールが入ってなかったりしたら…

終わりに

そういうわけでクイックボール…というか株ポケ?の話題でした

株ポケもポケモンカードバブルが来て調子に乗っている感はユーザーから見ても否めないですね!

ですがポケモンカードはABCDという「毎年スタン落ちする」方式を取り入れた(たぶん)ので、ユーザーの心をしっかり掴まないとあっという間に離れていく恐れがあります

今後はせめてスターターセットぐらいは初心者にも優しい商品を出してくれればと願うばかりです